みなみこいわペットクリニック 医療サポートセンター

minami hp top2P~2.jpg

HOME > goaisatsu

院長紹介・ごあいさつ

杉本恵子 Keiko Sugimoto

1971年     日本獣医生命科学大学 卒業
1974年6月    みなみこいわペットクリニック 開院
2008年10月  みなみこいわペットクリニック 医療サポートセンターとして再スタート

東京都獣医師会会員
JAHA認定インストラクター
英国認定ホメオパス
オフィスラベンダー代表
(フラワーエッセンス療法、ホメオパシーセンター)

sugimoto.jpg

homeopa2.jpg


当院は東京のはずれ、千葉県との境にあります。
西洋医学といわれる現代医療と、ホメオパシー・フラワーエッセンスをはじめとする代替療法を取り入れています。

治療は動物自らの力です。
私たちは彼らの中に、何が起きているかを見いだし、手助けをしていくことで、身体を癒すエネルギーの作業に参加させてもらいます。
時には、そのリーダー的役割を担わせて頂いています。

最期を迎えるために、この病院を選ばれて来る方々も少なくありません。スタッフ全員、飼い主様と動物たちとの心の絆を深めながら、力を合わせてお手伝いさせて頂きたいと思っております。

2008年4月にそれまで2~3年の体調不良の原因であった腎癌の摘出手術を受けました。
私の準備が整うまで、腎臓たちは頑張って私を支えきってくれました。
そして5月、無事に病院へ帰って来ました。
さー、生き抜いた分、なりたかった獣医師としての仕事、やりたかった病院の役割と姿を整え、私の夢を実現しよう。
新たなスタートのために、病院のリニューアルをし、新しい名前を持ち、歩き始めることにしました。
1人ではできません。病院のチームがあり、連携する施設や病院があり、そして何より出会う動物たちと飼い主様があってのことです。
西洋医学と代替医学(ホメオパシー、フラワーエッセンス、サプリメントetc.)は、決して敵同士ではなく、仲良く手を組み合える、異なる役割を持つ治療方法です。
人と動物たちが合い和し共生しあえるように働き合う方法なのだと思います。
そんな治療の場としての病院でありたいと願っています。

「医療サポート」としたのは、医療を支える多くの人や、多くの事があるということを気付き、それを支える場でありたいという願いからです。
そして後で紹介する、カウンセリング・しつけ教室や、動物と共に参加するボランティア、その他リンクさせて頂いている皆様は、動物を愛する私たちをサポートして下さっている方々です。
ハートと両手を大きく開き、すばらしいものに触れながら、動物たちと共に生きていきたいと思います。

angel.jpg

fish1.jpg

suisen.jpg

stone2.jpg




top top2.jpg


goaisatsu.jpg


top cli2.jpg


top staff2.jpg


top caun2.jpg


top biyo2.jpg


top link2.jpg


top oshi2.jpg